top of page

サタンオオカブト 飼育記録

学名:Dynastes satanas

主な産地:ボリビア

ヘラクレスオオカブトと同じDynastes属ですが、

角は短く最大でも110㎜ほどとその中では中型の部類に入ります。

南米・ボリビアのごく限られた場所にしかいない本種は

「幻のカブトムシ」と言われることもあります。

黒一色の体と胸角に生えた金色の毛が特徴で、

挟む力は強いですが性格は穏やかで争いは好まないと言われています。

2000年以前は標本でもかなりの値段が付くほどでしたが、

現在は飼育された個体がショップ等に出回っており、

以前に比べて価格はだいぶ落ち着いています。

​2024年4月1日 秘宝をこの手に

2004年、ペットショップで本種のオスを

見かけた時がありました。値札には

「♂105㎜ 90万円」とあり、それを見た私は「こんなに高価な昆虫がいるのか」

と驚いたことを覚えています。

その日以来「『ボリビアの秘宝』をいつか

この手に」と憧れ続け、2022年の11月に

5匹の幼虫を落札。その内3匹は今年の2月に羽化までこぎつけましたが、

全員メスでした。そこで、今年3月になり

オスを新たに落札。まだ休眠状態とのこと

なので、まずは活動開始まで待ちます。

​2024年5月27日 目覚めた秘宝

IMG_1264.JPG

5月に入った辺りからオスメスともに

少しずつエサを食べ始め、下旬に入る頃にはメスは1日に16gのゼリーを1つ以上

空にするほど食欲旺盛になりました。

オスは同じゼリーを1つ空にするかどうか

程度の食欲なので、まだ早いかもしれない

と思いつつメスに近づけると、数分間

​転げ回った後にペアが成立しました。

残り2匹のメスともペアを成立させる

予定であり、今後が楽しみです。

bottom of page